看護師主婦の裏側

中・高生の娘がダブル受験を控えて教育費ピンチ!貯蓄、復職、看護学校受験、その他もろもろ看護師ネタ

クリニックでパートするだけで節約になる理由とは?

f:id:yuyukoo:20170706151923j:plain

クリニックで働くメリットの一つは、時間とお金の両方が節約できるということなんです。

一時期、フリーランスで起業して看護師をやめていたこともありましたが、クリニックで働くメリットを手放したことは、かなりのロスになると気づいたのです。

ゆゆ子が受けている、クリニックで働く恩恵は、次のようなものがあります。

待ち時間ゼロで診察

ゆゆ子は滅多に風邪をひくことはありませんが、花粉症とドライアイがあります。

市販薬はどうも効きが今ひとつなので、処方薬の方がいいんですよね。で、処方薬を手に入れるには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければなりません。

花粉症のシーズンなんかは特に、眼科も耳鼻科も混んでいてすごく待たされます。下手したら半日かかりなんてことも。時間がもったいないったらないです。

その点、クリニックで働いていると、仕事の合間に受付を済ませて、仕事の合間や終わったあとすぐに、診察を受けられます。これはかなりの時間の節約になります。

内科で働いていても、風邪薬だけでなく、目薬や、痛み止め(生理痛)、湿布、保湿ローション、などなどちょっとしたものなら簡単に処方してもらえるので、本当に助かります。

診察代は無料

これまで働いてきた病院、クリニック全ての医療機関において、社員特典として診察代は無料でした。

予防接種も無料です。

病院なんかだと、入院しても手術しても無料でしたね。全国全ての病院がそうなのかはわかりませんが、社員割引はあるかもしれません。

本人だけではなくて家族も含まれるので、家計には大助かりです。

健康診断は勤務中に完了

胸のレントゲン、心電図、採血、検尿くらいの検査レベルの健康診断だったら、勤務中に完了してしまいます。

クリニックの場合は仕事の合間をみて、看護師同士でお互いに検査のやりっこをします。

採血するのは何とも思わないゆゆ子ですが、採血される側になると緊張します(笑)。やっぱり痛いのって、慣れることはないんですよね。

処方薬さえも社割価格

クリニックと提携している薬局に処方箋を持っていくと、社割価格で薬を買うことができます。

ただでさえ保険がきいて薬が安くなるのに、さらにそこから値引きしてくれるので破格です。

そういうわけで、薬代はかなりの節約になっています。最近では、市販薬は買わなくなりました。

月1ペースで豪華弁当

ランチタイムに、製薬会社の人が薬の勉強会を開いてくれるのですが、その時に豪華弁当が用意されているのです。

少しずつ色々なおかずが入っていて、おしゃれな感じといった女性好みのお弁当を用意してくださいます。おそらく数千円くらいの価格帯のお弁当だと思います。こういうのって、自分ではなかなか買わないので、嬉しいです。

職員は密かに、勉強会よりもお弁当を楽しみにしています(笑)。

おわりに

以上クリニックで働くメリットをご紹介しました。

これは看護師に限らず全ての職種において、この恩恵を受けられることができます。

薬代が節約できるといっても、本当は健康で薬がいらないのが一番なんですけどね。

花粉症とかドライアイって体は元気だったりするので、忙しい合間を縫って受診するのは時間がもったいなくて億劫になりがちです。

症状が軽いうちに対処できる分、快適に生活することができるので余計なストレスを感じずに済んでいます。ありがたいことです。

今後、副業をすることもあるかとは思いますが、このメリットは絶大なので看護師はずっと続けるだろうな、と考えています。

クリニックのパートは主婦の強い味方。ホントおすすめです!

 

 

私も家計管理の参考にしています!やっぱり生の声が一番ですね^^

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ