看護師主婦の裏側

中・高生の娘がダブル受験を控えて教育費ピンチ!貯蓄、復職、看護学校受験、その他もろもろ看護師ネタ

意外に狭き門の看護師クリニックのパート。落ちた人の特徴とは

f:id:yuyukoo:20170630164432j:plain

「ゆるく働いて、そこそこお金が欲しい」そんな希望を叶えてくれる仕事の一つが、看護師のクリニックでのパートです。

稼ぎは夫の扶養範囲内の額でよくて子育てを優先したい人には、クリニックのパートは本当にオススメです。

ところで、クリニックに採用されるのが、狭き門だということはご存知でしょうか?

クリニックで求人を出すのは、欠員が出た時だけです。募集は1〜2名。条件の良いところは人気で2〜3倍の応募があったりします。そうなるとどうしても不採用になる人が出てしまうんですよね。

いくら看護師が働き口に困らないと言われている職業であっても、まさかの不採用なんてこともあるわけです。

そこでゆゆ子がこの10年間見てきた、不採用になった看護師の特徴をあげたいと思います。

実際に不採用になった人の例

面接を通過しても、本採用にならなかったケースも含みます。

自己主張が強すぎる人

仕事の進め方は、施設ごとに微妙に違います。業務を教えても「前の病院はこうでした」とか言って、素直に聞こうとしない人。もちろん改善したほうがいい所もあるのだろうけど、初めからこんなんじゃ、やりにくくてしょうがないです。

あとは、返事がなんとなく適当な感じの人

転職組の人で気をつけて欲しいのは、「知ってます」「分かってます」とうかつに発言することです。実際にいたんですよ、「知っています」と言いながら全然できていなかった人が。知っていても確認のつもりで聞いていて欲しいですね。

もう一つのケースでは、一番長くいるナースと喧嘩した人は、本採用になりませんでした。

話し方にハキがない人

これは主に、診察で患者さんをお呼びする時ですね。なんと言うか、雰囲気が陰気な感じの人でした。性格は悪くはないんでしょうけどね。何人も応募があったとしたら、残念ながら選ばれません。

ショッピング帰りに面接に来た人

面接にデパートのショッピングバックをたくさん持ったうえ、ラフな格好で面接に来た人がいました。どうやら近くのデパートで買い物して来たみたいです。

買い物ついでの面接って・・・面接舐めてる?と思われても仕方ないです。

クリニックで求めている看護師像

クリニックで働くスタッフは、受付事務も含めて15人以下と少人数です。ちなみにゆゆ子が勤務しているクリニックは5人です。

看護師のスキルがどうこうよりも、今いるスタッフと仲良くやっていけそうかどうか?というところをかなり重視して見ています。少人数で人間関係こじれると大変ですからね。

そして、患者さんに気持ちの良い対応ができる人です。

クリニックのほとんどが、個人経営です。スタッフの対応ひとつでそのクリニックの評判に関わるので、人柄がどうなのか?は大きな判断材料になっています。

まとめ

ざっくり言うと不採用の人は「クセが強そうだな」という印象の人でした。一筋縄ではいかないってことは、素直じゃないということでもあります。

歳を重ねても謙虚に素直で明るい感じの人だったら、大体は合格してました。

ゆゆ子の場合ですが今のクリニック、実は30代のナースに来て欲しいと思っていたそうなのです。でも40代であるゆゆ子が採用されました。自分ではよくわかりませんが、ゆゆ子はよく一緒にいると安心感があると言われています。

クリニックは年齢は関係なく人柄が勝負ですよ。

 

 

ランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村