看護師主婦の裏側

中・高生の娘のダブル受験を控えて頑張って貯蓄中。復職、看護学校受験、その他もろもろ看護師ネタ

水性インクのシミをアルカリウォッシュで落とす方法

f:id:yuyukoo:20170730212831j:plain

娘の洋服のポケットに、ボールペン(水性)が入っていることに気づかずそのまま洗濯を回したした結果・・・。

他の衣類などにインク染みができてしまいました。

試しにアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)と石鹸を使ってみたら、染み抜きができたので、レポートしたいと思います!

  ↓枕カバーにも何か所かインクの染みがつきました↓ 

f:id:yuyukoo:20170730105701j:plain

アルカリウォッシュでインク染みの落とし方の手順

1、アルカリウォッシュを粉のまま、直接インク染みの部分に振りかけます。

f:id:yuyukoo:20170730105738j:plain

f:id:yuyukoo:20170730105758j:plain

 

 

 

2、アルカリウォッシュが湿る程度に水をかけた後、粉の上から石けんでこすります。

f:id:yuyukoo:20170730105836j:plain

 

 

↓石けんを塗り終わったところ↓

f:id:yuyukoo:20170730105908j:plain

f:id:yuyukoo:20170730113803j:plain

 

 

3、石けんが泡立つ位まで、よく揉み込んで、5分くらい置いておきます。

4、5分置いた後、もう一回揉み込んでから洗濯機に入れて、普通に洗います。

 

 

↓これは干して乾いたところ↓

f:id:yuyukoo:20170730212754j:plain

f:id:yuyukoo:20170730213339j:plain

スッキリ落ちました!

(毛玉ができて使用感たっぷりなのが恥ずかしい~ 汗)

 

インクのシミは酸素系漂白剤はダメ!

シミができたら漂白しないと!考えがちですが、酸素系の漂白剤は逆効果です。

食べ物のシミには酸素系の漂白剤でもいいのですが、インク染みに対してはダメです。

酸素系の漂白剤は酸性。染料の色は酸性によって定着する性質があります。

よって、落としたかったインク染みが逆に定着するといった現象が起きます。

インク染みを落とすならアルカリ性を使うべし

酸性に染料が定着する性質があるということは、逆に、アルカリ性では、色落ちする性質があるということになります。それも強めのアルカリ性です。

というのもアルカリウォッシュだけでは、インク染みはなかなか落ちなかったからです。

石けん(アルカリ性)だけでも、インク染みは落ちませんでした。

アルカリウォッシュと石けんの両使いでないと、インク染みは落ちる効果はありませんでした。

まとめ

うっかり水性インクの染みを作ってしまったら、アルカリウオッシュと石けんの両使いが効果あるよ、というお話でした。